化学繊維樹脂を含んだ塗料を用いて、床の強度や美観を向上させる施工をフロアコーティングと呼びます。

美観向上やフローリングの保護など、目的によって使用する塗料を使い分けます。

NAVERまとめに関する情報をご覧ください。

アクリル系ワックスでのコーティングは、床のツヤ出しで最も多く用いられる方法で、コストが安く施工時間も短いのが特徴です。

ワックス効果が薄れてきたら、一度コーティングを施した上から重ね塗りすることも可能です。

塗布するために難しい技術も必要なく素人でも施工できるので、学校などの頻繁に床のメンテナンスが必要な場所で利用されるケースが目立ちます。


ウレタンコーティングはアクリル系ワックスよりも耐久性に優れ、一度塗布するとコーティング効果は約8年持続します。

塗ってから乾燥までは3日ほどですが、完全に乾燥するまでには約1ヶ月必要です。
コーティングによるツヤ出し効果はアクリル系ワックスよりも劣りますが、耐久年数は倍以上なので、耐久性を重視する場合に用いられる施工法です。ガラスコーティングは近年のフロアコーティングの代表的な施工で、従来はオフィスや店舗などでのみ使われていました。

フロアコーティングのことなら、こちらをご参考にしてください。

耐水性に優れていてフローリングの光沢も増すために一般住宅でも使用されるようになり普及しました。

耐用年数も約10年と効果が長期間持続するのが特徴です。
フロアコーティングは床の美観を良くすることだけでなく、日常生活の汚れや傷から床を保護することで、住宅の不動産的価値を保つことにも役立ちます。